〜 自 然 彩 々 〜

へっぽこ飼育屋の飼育記です。お好きな方、ごゆるりと、、、ご訪問くださいませ~m(__)m

1230

ミスジチョウ越冬幼虫!  

どもどもっ!夢庵です。


今日30日。午前中に掃除を!!!まだあちこち掃除しなければいけないんですが・・・。買い物に出るついでにちょっと山へ・・・。

今日の目的はミスジチョウの越冬幼虫。幼虫はカエデ類各種を食べます。当然、越冬幼虫はカエデ類に!
なんですが、どこにいるでしょーか?
カエデ類は落葉樹です。が、枝から落ちない葉っぱがあるんですね~!そぉ!ミスジチョウは枝上の枯葉に隠れているんです。
風で飛ばされないよーにきちんと基部に糸を吐いて飛ばされないよーにしてるんです。

そんな習性を利用して幼虫を探すわけです!たくさん食栽されたカエデを見て回り、葉っぱが残っていたら高枝バサミでチョキン!
で、葉っぱを見るんですよ。幼虫がいたら「二マリっ!」 と言った具合です!

今日は小雪も降っており買い物にも行かないといけないので少しの散策で終了!
僅かな時間でしたがミスジチョウ幼虫。見つけましたよ!

こちら、ミスジチョウ越冬幼虫。
ミスジチョウ越冬幼虫1

ミスジチョウ越冬幼虫2

ミスジチョウ越冬幼虫4 

なかなか可愛い幼虫でしょ?

このまま冬を耐え、春の芽吹きと共に摂食を開始。兵庫県の平地では5月下旬~6月にかけて発生します。


飼育ですが、採集してきた幼虫。庭のカエデに洗濯バサミやクリップ等で留めてネットをかけます。来春、勝手に葉をたべて成長してくれます。手間いらずです。


では、また




スポンサーサイト

Posted on 2011/12/30 Fri. 18:33 [edit]

CM: 0
TB: 0

1230

ミズイロオナガシジミ越冬卵  

どもっ!夢庵です。


えー、昨日ですね、少し時間が出来たので山に行って散策しました。僅かな時間でしたがエノキの根元の落葉にオオムラサキやゴマダラチョウの幼虫も観察できました。


山にはコナラやアベマキ等のドングリの樹がたくさん自生しています。それらの休眠芽付近や枝の分岐部等に産卵するゼフィルス(ミドリシジミの仲間)。卵越冬。

えー、日本では25種類生息しています。夢庵が住む兵庫県には20種が生息しています。

以前、ウラゴマダラシジミの越冬卵を紹介しました。今回はミズイロオナガシジミの越冬卵です。

本種は普通種で兵庫県では6月初旬頃から発生します。食樹はコナラ・ミズナラ・カシワ・ナラガシワ・クヌギ・アベマキ等。
飼育ではアラカシをよく食べてくれます。

普通種ですが、裏面の斑紋に変異が現れやすく興味深い種でもあります。

こちら、ミズイロオナガシジミ越冬卵
ミズイロオナガシジミ越冬卵 


わかりにくいですが画像中心辺りをよくご覧ください。
小さな小さな卵です。

ミズイロオナガシジミ成虫(表)
DSCN0122.jpg
ミズイロオナガシジミ(裏)
DSCN0119.jpg 
ミズイロオナガシジミ
DSCN0118.jpg 


ミドリシジミの仲間ですが地味な模様です。


せっかくなんでミドリシジミの仲間を少し紹介。

兵庫県には生息していないキリシマミドリシジミ(鳥取県産)
DSCN0117.jpg

ゼフの中でも人気の高いキリシマミドリシジミ。食樹はアカガシ。

ではお次。メスアカミドリシジミ。
DSCN0130.jpg 
幼虫は鮮やかな黄色い幼虫。食樹はサクラ類。
ではお次。ウラミスジシジミ(ダイセンシジミ)
DSCN0126.jpg

このウラミスジシジミ。別名ダイセンシジミ。裏面の斑紋に変異があります。なかなか興味深い種ですね。

アイノミドリシジミ♀(AB型)
DSCN0127.jpg  

このアイノミドリシジミも人気のある種です。越冬卵はミズナラやコナラの高い高い所の休眠芽に産卵されています。木登り必須です。



あと各種ゼフがいますが今日はこれくらいで!


ではでは、また。

Posted on 2011/12/30 Fri. 17:30 [edit]

CM: 0
TB: 0

1227

クロアゲハ越冬蛹他・・・  

どもっ!夢庵です。

残すところ今年もわずかですね。明日28日が本年度の仕事納め。あちゅーまに過ぎ去った1年でした。



初秋に採集して採卵したクロアゲハが12月に入ってようやく蛹化しました。餌にはカラスザンショウを使っていたんですが、後半は良い状態の餌がなく少しイジケタ越冬蛹になりました。

このクロアゲハ・・・。職場に飛来した♀を採集。飼育するつもりではなかったんですが成り行きで・・・。
まぁ、クロアゲハの飼育も長らくしていなかったので・・・。


このクロアゲハ、カラスザンショウをはじめ、栽培種各種のミカン類を食べます。

普通種のクロアゲハですが地域によって変異があるんですよ。
良く知られているのは尾状突起の長さ。沖縄・八重山に生息するクロアゲハは尾状突起が本州産に比べて短い。
南下するほど短くなる現象(クライン現象)がみられます。
沖縄県小浜島では無尾型がよく報告されています。
お隣の台湾ではオナシクロアゲハ(台湾亜種)が見られます。

また、後翅赤紋が八重山産では派手になるよーです。


兵庫県内でも無尾型や赤紋発達型の採集報告がありますし、各県でも採集記録が報告されてます。

お庭にユズやカラタチ、サンショウなど植えておられる方は多いと思います。消毒せずに飼育してみませんか?
ミカン類を食べる種はナミアゲハ・クロアゲハ・ナガサキアゲハ等います。
飼育観察してみると青虫が可愛らしく見えるはずです。(多分ですが・・・)

夢庵宅では消毒は一切しません。蝶・蛾・・・その他の昆虫が好き勝手に葉っぱを食べます。が、それで枯れてしまうことはありません。
食物連鎖が上手くできているからでしょう!


よく、実家の畑にいきます。薬を使ったら夢庵は怒ります!
なぜかというと・・・虫が食わない野菜なんか美味くない!!!」と思っているからです。

実際、薬漬けの野菜も辛いと思います。自然の連鎖は意味があって行われます。
野菜を育てるなら、キャベツや大根にモンシロ・ニンジンにキアゲハ・豆類にウラナミシジミ・・・。
思い切り食べさせましょう!

虫に食われた野菜は見た目悪し・・・ですが、ハウス野菜より絶対に美味いはずです! 子育ても虫の飼育でも野菜栽培でも過保護はよろしくありません!
虫に食われた野菜・悩んだ子供・・・。手助けするのは簡単です。が、伸びる力を信じましょう!
きっと、良い結果となって帰ってきます。きっとです。
痛みを知り、悩みもがき、1歩成長する。だから味がでるんですよね!人間も野菜も。

ん?夢庵の野菜論でした(笑)



随分と話しがそれましたが・・・

クロアゲハの越冬蛹です
DSCN0075.jpg


ナミアゲハと同等位・・・かなり小型です・・・。


えー、夢庵宅。柑橘類。カラタチ数本とグレープフルーツ1本あるんです。もちろん飼育用です。
グレープフルーツは実もできますが・・・。

先日、冬至。お風呂にユズをたくさん浮かべてユズ風呂に入りました。気持ちよかったです。

そのユズ。実家の畑で栽培してるものを貰ってきました。
残りは夢庵の焼酎のパートナーに!

ご存知の通り、半分に割るとたくさんの種子がでてきます。
DSCN0077.jpg


この種子を植えるとちゃんと発芽するんですね!!
飼育に使える大きさになるまで時間はかかりますが・・・。

おこたに入ってミカンの季節。種子があったら植えてみませんか?


お次、フユザンショウ。先日、山を散策していた時にたくさんの種子をつけていました。
冬でも葉が枯れないのでこの名があります。

サンショウ類・・・刺が凄まじいので要注意!
こちらフユザンショウ種子
DSCN0080.jpg

サンショウのように食用とはならない?みたいです。が・・・図巻を見ていると・・・種子はやや辛いと解説がありましたので・・・
近々、試食してみる?!
試食したら報告します。


今日は、クロアゲハとその食樹ネタを。

クロアゲハをスリムにして尾状突起を長くしたオナガアゲハって蝶もいるんですが。来春、飼育の機会があったら書いてみます。
このオナガアゲハはコクサギが主食樹。飼育ではカラスザンショウをよく食べてくれます。
コクサギ、葉を揉みつぶすと何とも言えない柑橘系の香りがするんですよ。

夢庵、山で見つけると意味なく揉みつぶして匂いを嗅いでます。へたな香水より良いです!!!
興味ある方は是非嗅いてください!
庭にコクサギはあるんですが、現在落葉中。
また、記事かきますね!


では、本年も残り数日!気合い入れていきましょう!!!



Posted on 2011/12/27 Tue. 23:45 [edit]

CM: 0
TB: 0

1226

ブナの実。  

おこんばんわ。夢庵です。

先週の日曜日にですね、兵庫県は但馬地域に出かけてきました。目的はゼフィルス(ミドリシジミ類)の越冬卵採集。フジミドリ・アイノミドリ・エゾ・ジョウザン・ウラミスジ・メスアカ・ハヤシ・ウラクロ・ヒサマツ等など・・・。狙いは目白押し!
だったんですが・・・。

現地付近から雪模様・・・。雪は強くなり目的地の山が雪で見えません。
また、積雪もありとてもじゃないけど山に入るのは無理・・・。結局、断念して違う場所へ。

ハヤシミドリが生息するカシワ林へ。
しかし、そこも雪が凄くて行けません・・・。片道2時間もかけて来たのに・・・。残念ですが安全第一。息子も一緒だったんでなおさらです。

結局、生野銀山がある生野町まで南下しそこでフジミドリを探すことに。フジミドリはブナ・イヌブナを食樹とする綺麗なゼフ。
結果・・・空卵1卵発見のみ・・・。トホホ・・・。

そんな散々な結果だったんですが、ブナの大木の寝際でブナの実を発見!
図鑑では食べられるとあったんですが食べた事なかったのでその場で食べてみました。

えー、お味の方は・・・味のないピーナッツみたい・・・。すこし炒って食べると美味しくなるかもです。
しかし、どんぐりみたいに渋みがないので1杯の肴には良いかもです!!!


こちら採取してきたブナの実
ブナの実


この画像の実は食用ではなく育てます。



ブナは少し標高の高い場所でないと自生していませんが機会があれば「実」食べてみてください。


あっ、フジミドリシジミ・・・。飼育するときにまとめて紹介したいと思います。



ここ数日冷えますね・・・

湯豆腐が無性に食べたい夢庵でした!


Posted on 2011/12/26 Mon. 22:27 [edit]

CM: 0
TB: 0

1225

キジョラン種子は・・・サンタのお髭???  

メリークリスマス!!!夢庵です。

えー、今日は朝から子供たちが大はしゃぎです。何と、4時頃に起きて・・・
「サンタさんきた~~~~~!!!」



さすがに早すぎぎるので・・・。モーチョイ寝なさいと・・・。
子供たちも興奮を抑えて寝てました(笑)

結局6時半ころ再び起きだして・・・。

可愛らしいですね。無邪気な子供たちを見ていると・・・。

お目当てのプレゼントを貰ったみたいで全員満足してました!良かった!良かった!



今日は風が凄く強くてですね、庭の備品が飛ばされてまして・・・。(植木鉢やプラ箱等)
飛ばされないよーに重石を乗せて対策!!
ふと枯葉が溜まっていた中に白い綿毛をつけた種子が・・・。

「ん?」

それはキジョランの種子でした。
夢庵宅ではキジョランを育てています。随分と大きくなり2階に届きそーな勢い。

早速、キジョランのところへ見に行くと・・・

夢庵宅キジョラン

ありました!ありました!

立派な実が2つに裂けてたくさんの種子が見えていました!!
キジョラン袋果と白毛のある種子 
袋果から取り出した種子 
キジョラン種子 
たくさんの種子 

一つの袋果にたくさんの種子がはいっていました。自然界では風にとばされていきます。

種子を取り外した白毛


種子を取ったあとの白毛。サンタさんのお髭みたいです!


しかし・・・和名の鬼女蘭。この白毛を鬼女の髪に例えたものらしいです。
なんか怖いですね・・・(汗)


採取した種子は庭にばらまいときます。欲しい方がいらっしゃいましたらコメントください。


最後に再度、キジョランを食草とするアサギマダラ。現在、様々な大きさの幼虫と蛹です。このアサギマダラは兵庫県産のものです。

アサギマダラ幼虫
DSCN0058.jpg 

アサギマダラ前蛹
DSCN0059.jpg 
アサギマダラ蛹
DSCN0056.jpg 
DSCN0057.jpg 


この画像、先日サンタさんからいただいたデジカメで撮影してみました!

なんか嬉しいです。


ではでは、素敵なクリスマスを・・・

Posted on 2011/12/25 Sun. 14:12 [edit]

CM: 3
TB: 0

1224

クリスマスイブイブの日の出来事…夢一つ…叶いました…(o^∀^o)  

ドモドモ\(^_^)夢庵です。

えー、クリスマスモード全開の日本列島ですが…我が家の子供達もサンタクロースの来訪を今か今かと待ちわびております。
夢庵の予想では今夜あたりサンタクロースがやって来ると思っていますが…
皆さんのお宅にはもー来ましたか!?

えー、実は一足早くですね、夢庵にだけサンタクロースが(^_^)v来ちゃたんですよっ!

ブログを始めてからど〜しても欲しかったコンパクトデジカメ。
一眼レフは性能は非常に良いんですが採集に持って出るには少し大きすぎ…
また、各種レンズも高価ですし…。
今のコンパクトデジカメは性能も良く価格も控えめです。
また、ポケットに忍ばせて採集にも行けます。

今までは携帯と虫メガネのコラボレーションで撮影してきましたがこれからはデジカメで!


むちゃくちゃ嬉しいので記事書きました(^w^)


ではでは、今後当ブログも綺麗な画像になるだろとはしゃいでいる夢庵でした!



ジャジャ〜ン!


Nikonのクールピクス!
マクロはなんと1センチまで近づいて撮影可能!卵や幼虫を…
またこれで、今まで苦戦して諦めていたメダカも撮影できそーです!
今後をご期待下さい!













イブの今日は仕事ですが…o(`▽´)o頑張ります…

Posted on 2011/12/24 Sat. 12:35 [edit]

CM: 0
TB: 0

1222

K先生と夢庵が初めて飼育した蝶・・・  

ドモドモ\(^_^)夢庵です。

南方系のナガサキアゲハ、ご存知でしょーか?地球温暖化で北上している蝶の1種です。
食草は栽培ミカン類。ユズ・カラタチ等各種を食べます。全国で栽培されてますので北上の手助けになっているのかもしれません。

兵庫県では1970年代頃から多くの採集記録があるみたいです。夢庵が蝶に興味を持ちだした1980年代では普通に見れました。

ナガサキアゲハ、実は夢庵が初めて飼育した蝶なんですよ!
あれは小学6年生だったかな?教室の一角で毎日毎日世話をしたのを思い出します。
当時の担任の先生。夢庵の人生にとって最大の出会いとなりました。その先生のおかげで蝶に興味を持って、大人になってもその頃の土台が夢庵の中にあります。
その先生。大柄で熊みたい。怒る時はまさに真剣で今の先生方にはない真剣さでした。
当時、プラスチックバット・竹の先・げんこつ等でたくさんの愛の鞭をいただきました。今の先生は・・・親に気を使い・・・教育委員会を気にし・・・そんな先生ばかりではありませんが・・・寂しい限りです。

その恩師、K先生と言うんですが、語りだすとたくさんありますので・・・。またの機会にでも。
先生、今は先生を引退して山小屋の主。まさに先生らしい人生を歩んでおられます。先生に許可をもらったら当ブログにて
紹介したいと思います。


えー、ナガサキアゲハ。本州南西部・四国・九州・南西諸島に生息。本州ではどのあたりまで北上しているんでしょうか?
国内の変異ですが、南下するにつれて♀の白化が発達する傾向があります。また、国内のナガサキアゲハは通常、無尾ですが奄美大島では有尾型が比較的よく採集されています。
この蝶も変異の多い蝶で興味深いです。



では、ナガサキアゲハを。

ナガサキアゲハ♀
ナガサキアゲハ♀無尾型

ナガサキアゲハ♂
ナガサキアゲハ♂(マレーシア) 
有尾型♀
ナガサキアゲハ♀有尾型(台湾) 

上記3画像共、兵庫県産ではありません。南方の温かい地域のです。

真ん中のみ♂です。♀を見比べると全然模様が違うでしょ?でも同じ種類なんですよ。

ナガサキアゲハの近縁種もちょびっと紹介。

tennjiku.jpg

tennjikuura.jpg 


海外ではナガサキアゲハの代置種としてテンジクアゲハやパラワンアゲハ・セレベスアゲハ等があります。
いずれも飼育したい種ですが・・・。
たまたま庭に飛んでくる日を楽しみにしときます。

飼育ですが、簡単です。食草の調達も栽培ミカン類ですので楽です。ただ、農薬を使用している可能性もあるのでそのあたりは注意が必要ですが・・・。
また、交配もハンドペアリングで容易にできます。

また、沖縄産の真っ白なナガサキや有尾型の飼育。。。したいなぁ〜〜〜。



ではでは、また・・・

Posted on 2011/12/22 Thu. 07:45 [edit]

CM: 5
TB: 0

1221

ウスバシロチョウ  

おこんばんわ!夢庵です。

ウスバシロチョウと言う蝶をご存知でしょーか!?

ウスバアゲハなんて呼ばれる事もありますがウスバシロチョウが一般的だと思います。

この蝶、シロチョウ科ではなくアゲハチョウ科。
年一回発生で兵庫県では5月初旬頃から姿を見せてくれます。幼虫はムラサキケマンを食べて成長します。
卵で越冬します。

北海道にはヒメウスバシロチョウが生息していますがウスバシロチョウとよく似ているので蝶に興味がない方が見ると同じにしか見えないはずです。
ギフチョウとヒメギフチョウやスジグロシロチョウとエゾスジグロシロチョウ等もよく似ています。
セセリ類やジャノメ類なんかは蛾(ガ)だと思っている方も多いよーです・・・。

兵庫県産ウスバシロチョウ 
1ウスバシロチョウ 
 
2ウスバシロチョウ


上の個体、実は支脈異常。向かって左後翅の1か所だけ逆Yになってるでしょ?それだけです。

下は少し黒いウスバシロチョウ♀です。


このウスバシロチョウ、地域によってより白い個体やより黒い個体が発生します。
ただ、綺麗な個体が採集しやすいので飼育される方は意外と少ないみたいです。
来春、産卵させたらまた記事を書いてみたいと思います。

また、食草のムラサキケマンも綺麗で可愛らしい花を咲かせます。ケマンソウ科キケマン属の越年草。
写真を撮っていないのでこちらも来春にアップいたします。


飼育法ですが語るほどの経験がありません。まずは産卵された卵の管理が第一関門でしょう。5月~6月頃産卵された卵を翌春まで管理しなければならないので・・・。
乾燥と過湿に注意ですね。
日本にはもう1種ウスバシロの仲間(Parnassius)が生息しています。北海道の大雪山郡の標高の高い高い所に生息するウスバキチョウ。こちらは天然記念物ですので採集できませんが・・・。飼育もか・・・。食草はコマクサ。
過酷な環境で生息しています。
海外に目を向けると、たくさんのパル属がいます。

こーやって蝶の事を書いてますが知らない・判らない事の方が多いんですよね・・・。全てを熟知するには人生何回かやり直さなければならないでしょうが・・・

たまたま「飼育」と出会って、それにはまって、現在に至っています。

何か1つでものめり込む何かがあるだけで充実します。そののめり込む何かを持っている夢庵は幸せだな~~!と思う今日この頃です。


まぁ、これから冬本番ですが・・・春が待ち遠しいですね~~~!

では、また




Posted on 2011/12/21 Wed. 23:45 [edit]

CM: 0
TB: 0

旬の花時計

カレンダー

FC2カウンター

ポチっと!夢庵を応援!

ポチっと!夢庵を応援!

ポチっと!夢庵を応援!

ぐ~ば~

最新記事

全記事表示リンク

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

募集中です!

QRコード

日本の美しい蝶

ウスバシロチョウ

春の女神

シロオビアゲハ

シロオビアゲハ♀(赤紋型)

ナガサキアゲハ(有尾型♀)

ツマベニチョウ

クモマツマキチョウ

ツマグロキチョウ秋型

アオタテハモドキ

ルリタテハ

オオムラサキ(スギタニ型♂)

ヒメアカタテハ

イシガケチョウ

リュウキュウムラサキ

アイノミドリシジミ♀

キリシマミドリシジミ♀

ウラナミアカシジミ

ウラゴマダラシジミ

ジョウザンシジミ

▲Page top