〜 自 然 彩 々 〜

へっぽこ飼育屋の飼育記です。お好きな方、ごゆるりと、、、ご訪問くださいませ~m(__)m

1120

ウスタビガ  

どもっ!夢庵です。


昨日でしたか、仕事へ行こうと車庫に行くとウスタビガが飛来してました(⌒‐⌒)

ちょうど自宅前に街灯があるんですがその光に飛んできたようです。

ウスタビガ


少し飛び古した個体ですけど綺麗な模様ですね!


蛾は蝶のような艶やかさではなく渋い和風的な美しさがありますよね(⌒‐⌒)


うん、綺麗な蛾ですね~!!!

ではでは、夢庵でした!
スポンサーサイト

Posted on 2012/11/20 Tue. 13:09 [edit]

CM: 1
TB: 0

1118

蝶の飼育ヒメアカタテハ編  

どもっ!夢庵です。


先日、アカタテハとヒメアカタテハの幼虫の巣の記事を書きました。
ここ数日、急に冷え込み蝶の姿も少なく、成虫シーズンも終わりに近づいています。

そんな中ですね、先週中頃にヒメアカタテハの母蝶を偶然採集できました。
普通種ですが、なかなか綺麗な蝶です。


昔々、越冬幼虫を採集して飼育したことがありましたが、母蝶採卵からの飼育はまだ。
と言うことで、産卵させることにしました。



ヒメアカタテハ母蝶


飼育には、そこらへんに多数生えているヨモギを使います、ヒメアカタテハはハハコグサ・ゴボウ・チチコグサ・シュンギクなど等を食べますが、ヨモギが入手が簡単で大量にあるのでヨモギを使います。



ここ数日、肌寒い日が続いています。産卵にはある程度の温度が必要です。
ですので、ナイロン袋にヨモギを入れて直射日光下に出し産卵させています。

今の時期ですと、袋内温度は上がり過ぎずよく産卵しています。


ヨモギに産卵された卵




小さな薄緑色のが卵です。
判りづらいので拡大してみました。


卵拡大


これから冬にかけて室内でゆっくり飼育してみます。




ではでは、夢庵でした!

Posted on 2012/11/18 Sun. 15:12 [edit]

CM: 0
TB: 0

1118

キジョラン(鬼女蘭)実と種子  

どもっ!夢庵です。


先々週から先週にかけて山のような仕事・・・(ー_ー)!!
また、急激に冷え込み風邪気味に・・・。

何とか、仕事の山も越し来週は少し気持ちに余裕をもって過ごせそうです(^o^)




えー、庭のキジョラン。今年も実をつけました!


ぶら下がるキジョランの実


今年はいくつかの実が実っています。

違う場所の実が裂けていました。


裂けたキジョランの実




裂けた所から綿毛と種子が顔をのどかせています。



種子を取り出してみました。

種子の先端に綺麗な綿毛。とても柔らかく綺麗です。





綿毛を外すと・・・

キジョラン種子



一つの実から多数の種子が出てきます。この実からは60個以上出てきました。



アサギマダラの食草。キジョラン。今年の冬も機会があれば越冬幼虫を見に出かけようと思っています。


種子希望の方がいらっしゃいましたらコメント・メールにてご連絡ください。


ではでは、夢庵でした!

Posted on 2012/11/18 Sun. 13:15 [edit]

CM: 18
TB: 0

1112

ナガサキアゲハ越冬蛹  

どもっ!夢庵です。

朝晩、めっきり寒くなりましたね。山もだいぶん色づきだしました。


えー、実家の畑のユズで見つけていたナガサキアゲハ幼虫が蛹になりました。


ナ ガサキアゲハ越冬蛹

こちらは前蛹




少しですが飼育してみました!

ではでは、夢庵でした!

Posted on 2012/11/12 Mon. 12:57 [edit]

CM: 1
TB: 0

1111

ヤクシマルリシジミとサツマシジミ  

どもっ!夢庵です。



同好会の先輩より嬉しい飼育材料が届きました!
ヤクシマルリシジミとサツマシジミの卵。


両種とも初めての飼育となります(^ム^)




ヤクシマルリシジミ卵





小さな小さな卵です。

ヤクルリはバラ・ノイバラなどの花・蕾・新芽を食べます。頼れる後輩にいただいたバラが役にたちます(^ム^)
ノイバラも庭にありますので飼育は何とかなりそうです。





こちらサツマシジミ卵。




サツマシジミ卵



わかりづらいですが真ん中あたりの白いのが卵です(^_^;)


サツマシジミはサンゴジュ・ハクサンボク・ガマズミ・クロキ・バクチノキなどの花・蕾を食べるとあります。

また、ビワの花や蕾でも飼育できるようです。

こちらは使いやすい食樹の花や蕾で飼育してみます。

送っていただいた先輩に感謝!感謝!!です。



ではでは、夢庵でした!

Posted on 2012/11/11 Sun. 12:15 [edit]

CM: 0
TB: 1

1111

嬉しい届きもの♪ ~飼育材料~ 編     

どもっ!夢庵です。

今年の6月。 フジミドリシジミの母蝶採集で兵庫県北部に出かけました。
ブログで知り合った地元の愛好家の方とご一緒させていただきました。

その時に大阪昆虫同好会のみなさんとの出会いがあり、仲間入りさせていただくこととなりました。

先日、その同好会の先輩より嬉しい飼育材料が届きました(^o^)

嬉しい限りです!!!!!!!感謝!感謝!!



クロツバメシジミ幼虫


初めて飼育する産地のもので羽化が楽しみです。 小さな幼虫はツメレンゲに食い入っています。
緑に淡い紫。可愛らしい幼虫です(^ム^)





次。シルビアシジミ。
シルビアシジミ幼虫


こちら、シルビアシジミの幼虫。こちらも初めて飼育する産地のものです。
夢庵はミヤコグサでの飼育ばかりでしたが、今回お送りいただいた幼虫はコマツナギを食っていました。
庭にコマツナギはあるのでコマツナギで飼育します。


早いものが蛹になっていました。


シルビアシジミ蛹



この寒くなってきた時期。雌雄の羽化が合えば累代したいのですが・・・。何とかなれば良いですが・・・。



お次。
沖縄地方に生息するリュウキュウウラナミジャノメ。

本種の飼育は今回が初めて。楽しみです(^ム^)

リュウキュウウラナミジャノメ若齢幼虫
 

拡大


チジミザサを食っていましたのでそのままチジミザサで飼育します。




ありがたい飼育材料。感謝!感謝!です。


ではでは、夢庵でした!

Posted on 2012/11/11 Sun. 10:15 [edit]

CM: 1
TB: 0

1110

アカタテハとヒメアカタテハ  

どもっ!夢庵です。


蝶の幼虫で巣を造る種類は多数います。今日は、身近な2種。アカタテハとヒメアカタテハを。


えー、アカタテハはカラムシ、イラクサ、ヤブマオなどのイラクサ科植物を食草としています。
成虫で越冬。

先日、カラムシが多い河川敷で多数の巣が見つかりました。

アカタテハ幼虫の巣
 



葉をうまく2つ折りにしています。
巣を広げてみると・・・

中から蛹が出てきました。が、寄生されたものでした(^_^;)


寄生されたアカタテハ蛹



やはり、自然界では多くの個体が天敵にやられます。


お次は、羽化した蛹殻を発見。


蛹殻


しばらく幼虫や蛹を探してみましたが、巣のほとんどが空で発見することはできませんでした。






お次はヒメアカタテハ。
こちらは、ヨモギ、ハハコグサ、ゴボウ、ゼニバアオイなどを食草とします。兵庫県ではヨモギの利用率が高いようです。


ヒメアカタテハは幼虫で越冬となります。

こちらも河川敷で探してみました。


ヒメアカタテハ幼虫の巣




糸を吐いて上手に巣をつくっています。小さな幼虫は小さな巣ですが終齢にもなると数枚の葉を綴りあわせて見事な巣を造っています。


見つけた巣を広げてみると・・・


いましたいました。ヒメアカタテハ中齢幼虫です。ビックリしたようで体を丸めています。


ヒメアカタテハ中齢幼虫


昔、冬に幼虫を採集して飼育したものです。久しぶりに幼虫採集して飼育してみようと思います。


両種とも綺麗な蝶なんですが・・・。成虫の撮影はしていません(^_^;)
また撮影してアップします。


ではでは、夢庵でした!

Posted on 2012/11/10 Sat. 14:24 [edit]

CM: 1
TB: 0

1109

初冬のとあるひとこま・・・  

どもっ!夢庵です。


初冬。今の季節、朝晩はめっきり寒くなりましたが、日中はお日様が出ていればポカポカ陽気で気持ちが良いものです。
そんな季節。
昼の時間はお弁当片手に外でいただいています。

今日は、近くの河川敷で昼食をいただきました。

会社近くの河川敷を車で走っていると小さな赤い花が群生していました。今日はここで昼食。川の流れと綺麗な花。
そしてポカポカ陽気。最高です(^ム^)

車を停めて花を撮影。

この花は何でしょうか?うん。ルコウソウに似ていますが葉が違います。帰宅してから調べてみました。
こやつは、マルバルコウという植物みたいです。




マルバルコウ


1センチ強の小さな花が多数咲いていました。
図鑑によると、熱帯アメリカ原産で江戸末期(1850年ころ)渡来したようです。観賞用に栽培されているようですが、
本州中部以西の暖地では野生化しているとの事。


お隣に生えているセイタカアワダチソウでナナホシテントウが交尾中でした。


ナナホシテントウの交尾ペア




河川敷ではモンシロチョウやキタキチョウがゆらゆら舞っています。じっくり見ると小型のシジミ類も多く飛んでいます。
ヤマトシジミ、ベニシジミ、ウラナミシジミ。


少し肌寒いのか、ベニシジミが少し飛んでは止まり日光浴をしていました。


日光浴中のベニシジミ♀

ベニシジミ♂



ベニシジミは幼虫で越冬しますので、この個体の子供たちが越冬幼虫となるわけです。

また、小春日和の真冬にベニシジミの幼虫を探してみようと思います。



ではでは、初冬を満喫する夢庵でした!

Posted on 2012/11/09 Fri. 23:45 [edit]

CM: 2
TB: 0

旬の花時計

カレンダー

FC2カウンター

ポチっと!夢庵を応援!

ポチっと!夢庵を応援!

ポチっと!夢庵を応援!

ぐ~ば~

最新記事

全記事表示リンク

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

募集中です!

QRコード

日本の美しい蝶

ウスバシロチョウ

春の女神

シロオビアゲハ

シロオビアゲハ♀(赤紋型)

ナガサキアゲハ(有尾型♀)

ツマベニチョウ

クモマツマキチョウ

ツマグロキチョウ秋型

アオタテハモドキ

ルリタテハ

オオムラサキ(スギタニ型♂)

ヒメアカタテハ

イシガケチョウ

リュウキュウムラサキ

アイノミドリシジミ♀

キリシマミドリシジミ♀

ウラナミアカシジミ

ウラゴマダラシジミ

ジョウザンシジミ

▲Page top