〜 自 然 彩 々 〜

へっぽこ飼育屋の飼育記です。お好きな方、ごゆるりと、、、ご訪問くださいませ~m(__)m

0626

エゾシロチョウ  

どもっ!夢庵です。





先日、北海道の方からエゾシロチョウ蛹が届けられました。感謝!!です。


夢庵、北海道への遠征は未経験で北海道特産種には憧れがあります。自分で北海道へ行って各種材料を採集したいのは山々ですが現実はそー甘くなく・・・。
今でも「夢」として心の片隅に置いています。

いつか北海道で採集三昧!!したいものです・・・。





えー、と言うわけでエゾシロチョウ見るのも初めてなんです!図鑑では見ていますがやはり「実物」は良いものです。






エゾシロチョウ蛹


 



なんとも言えぬ色彩。「すごいな~~!」と言うのが率直な感想です。

蛹を並べて撮影していたら1頭(♂)が早々に羽化しました。




エゾシロチョウ♂ (でしょ!?)





何と言いますか・・・幻想的なチョウですね。羽化後間もない完品です。驚いたのは触覚の先端が白いんですよ。
なんか・・・綺麗・・・(*^_^*)


夢庵・・・標本に執着がないので羽化個体を吹流しに入れています・・・。そーです、交配しようとしてます(^_^;)

標本を作るより交配させて採卵・・・飼育。その方がおもろい!!んですよね。標本も確かに充実させたいんですが標本箱もお安くありませんし、保管場所もいるわけで・・・。この問題はロト6・7にかけてみますが・・・(笑)


食樹ですがバラ科各種。アンズ・各種サクラ類・ボケ・リンゴ・カイドウ・ナシ・スモモ・ズミなど等多くの種が挙げられています。
これなら餌は何とかなりそうです。

ただ、北国のチョウです。本州平地で飼育するとどんどん脱皮(成長)して小型個体が羽化したり上手く越冬できなかったり・・・と色々あるようです。

まず、色々考える前に羽化しだしたら交配してみます。ハンドペアリングも可能なようですので吹流し交配がダメならハンぺ試してみようと思っています。

交配したら畑のアンズを使ってみようと思います。

果たして上手くいくのでしょうか!?初めてみる蝶、初めての交配。何だか楽しみですね!


では、また続報書いてみます。

夢庵でした!



スポンサーサイト

Posted on 2013/06/26 Wed. 09:45 [edit]

CM: 0
TB: 0

0625

キマダラモドキ交尾ペア  

どもっ!夢庵です。



兵庫県産キマダラモドキ。羽化個体を吹流しに入れてました。ハンドペアリングに挑戦・・・と言いながら忙しさを理由に・・・。
放置。



吹流し上部には果物を(アンズやオレンジ等)。手近にあるものを与えていました。

♂♀羽化してかなり日が経ったと思いますが、今日帰宅すると吹流し内で1ペア発見・・・(^_^;)



結局吹流し交配となってしまいました・・・。(ハンぺは???と自問自答です) 来年こそ・・・(^_^;)






キマダラモドキ交尾ペア (上が♀)


 



キマダラモドキの産卵が始まるのも秋の気配を感じてから・・・です。現在、飼育中のオオウラギンヒョウモン♀と一緒に管理ですね。
吹流しは別にしますが・・・。


幸いにも自宅裏山が発生地ですので気候的には問題ありません。何とか産卵期まで飼育して産卵させてみたいと思います。

ジャノメ類、樹液に集まる種が多いのでエサにクワガタ用のゼリーも良く使います!

では、夢庵でした!

Posted on 2013/06/25 Tue. 23:12 [edit]

CM: 0
TB: 0

0625

アオタテハモドキ  

どもっ!夢庵です。

40前で老眼・・・(^-^;去年作った老眼鏡が見えにくくなり合わしに行ってきました。
小さなものが見えにくくなると交配に悪影響が・・・困ったものです(^-^;
先日の健康診断では肝機能に異常が・・・との検査結果・・・。歳はとりたくないものですね・・・。

しかし、両手が使える拡大鏡!早く入手しなければ・・・。最近ネットで検索中です!お安い高性能なやつを!!
買ったら報告してみます(笑)



えー、アオタテハモドキの飼育始まりました!
この種も何度か飼育していますが秋~冬にかけての飼育ばかりでした。 真冬にガラス水槽と灯光器のコンビネーションで交配に挑みましたが・・・。敢無く撃沈・・・といった記憶があります。

今の時期からですと何代か累代できそうです。また、寒くなってからの飼育では低温期型なんかが羽化しますので面白いかと思いオークションで落札しました。 お安かったですよ!




アオタテハモドキ幼虫





今の時期ですとオオバコ、ヘラオオバコを使って飼育できます。先日、田んぼのあぜ道に行ってオオバコをとってきました。会社近所にはヘラオオバコがあるので与えましたがオオバコに比べると喰いはイマイチの様ですが食ってくれます。

これから、キツネノマゴも使えますので累代しようと思っています。

タテハ類では各科、各種を喰らう種も多いので飼育するものからすれば助かりますね。リュウキュウムラサキなんかでも多くの食草が報告されていますよね。

今回のアオタテハモドキもキツネノマゴ・オオバコ・キンギョソウ・イワダレソウ・スズムシソウ・オギノツメ等など書ききれないほど報告されています。

夢庵は手近にあるキツネノマゴやオオバコをよく利用します。

多種を食ってくれるとほんと助かりますね。


では、また続報書いてみます。

夢庵でした!

Posted on 2013/06/25 Tue. 22:30 [edit]

CM: 0
TB: 0

0624

オナガ♂×シロオビ♀雑種♂羽化  

どもっ!夢庵です。

何だかパッとしないお天気ですね(^-^; 日曜日は雨が降ったりやんだり・・・。今日は今日で良いのか悪いのかわからぬお天気・・・

また、梅雨が明けると「蒸し暑い夏」ですね・・・。







えー、何だかんだバタついておりますが、春に交配したオナガアゲハ♂×シロオビアゲハ♀の雑種個体の羽化が始まりました。
一部は室内で飼育したんですが、あとは庭のカラスザンショウとキハダへの袋掛けとしました。




袋かけの注意点!!!







夢庵の天敵!ムカデの侵入です!!!きっちりひもで縛っているんですが何処からともなく侵入しています。
日曜日も・・・。シロオビアゲハの袋かけしているカラスザンショウで1ムカデ・・・。奄美ナガサキのミカンの袋で1ムカデ。
今回の雑種の袋かけから1ムカデ・・・(^_^;)

とにかくムカデが多いので困っています。

昔の話ですが、♀が真っ白で有尾のナガサキや、♂後翅に青紋があるナガサキ!?(ナガサキです)なんかの飼育をしたことがあるんですが、庭のユズで袋かけ飼育。
蛹になったころを見計らって袋を外すと・・・巨大なムカデが大事な蛹をむさぼる!!!という悲劇!
しかも巨大ムカデにビックリした夢庵はユズのトゲで頭をブスリ!!!と。

とにかくムカデとは相性が悪く良い思い出がありません。

袋かけ飼育、鉢植えへの袋かけ、十分に注意してください。



話がそれましたが・・・。





羽化した雑種♂



 




 




まだ2♂しか羽化していませんが後翅の白紋の出具合に個体差があるようです。

全体的な印象はシロオビアゲハの特徴が強く出ていますが尾状突起はオナガアゲハを引き継いでいるようです。
ただ、オナガアゲハのように長く立派ではありません。

やっぱり雑種。両種の特徴がまじりあって出ています。


以前、モンキアゲハ×シロオビアゲハを飼育しましたがその雑種個体よりはるかに小型個体となりました。
シロオビアゲハ程度でしょうか?



今回、逆でシロオビアゲハ♂×オナガアゲハ♀も掛け合わせて産卵させましたがこちらは羽化せずでした。




シロオビアゲハの蛹と比べてみました。(オナガアゲハ蛹がないので)




左がシロオビアゲハ蛹、右が雑種蛹です。



蛹を見るとオナガアゲハの特徴が強いように思います。

シロオビアゲハ蛹に比べるとスリムです(オナガアゲハ蛹もこんな感じです)。

決定的に違うのは先端部です。シロオビアゲハ蛹は外に広がっているのに対して、雑種蛹はほぼ平行に真上に。


こうしてみると両種の血を受け継いでいますね。

ただ、この組み合わせでは♂しか羽化しないはずで♀が羽化しても生殖能力がないと思われます。

シロオビアゲハ蛹(最初の飼育品の休眠蛹)やF1蛹がありますので♀が羽化したら(タイミングが合えば)戻し交配をしたいですが、どうなるやらです。


しかし雑種交配、飼育。おもろいもんですな!!!今後も材料が揃ったら雑種交配していこうと思います。


では、夢庵でした!

Posted on 2013/06/24 Mon. 23:27 [edit]

CM: 0
TB: 0

0623

オオムラサキ  

どもっ!夢庵です。


先週は仕事がバタついておりまして更新はお休み・・・。 久しぶりの更新となります(^_^;)

先週、国チョウのオオムラサキの羽化が始まりました。飼育数は少なかったんですがいくつか羽化しています。




国チョウ オオムラサキ♂



♂の特徴、翅表の紫がまばゆく輝いています。大型のタテハチョウで羽ばたくと「バタバタ」音が。迫力満点です。


裏面(白色型)



オオムラサキの裏面の地色には黄色、白色が見られ南下するに従い白が多いようです。
兵庫県では白色が多く見られます。
兵庫県の北西部の産地ではスギタニ型が出現します。去年はいくつかのスギタニ型が羽化しましたが今年はまだ羽化していません。




オオムラサキ♀


♀は♂より更に巨大です。翅表の紫はありません。


オオムラサキが飛び出すと「夏」ですね!

では、夢庵でした。

Posted on 2013/06/23 Sun. 11:57 [edit]

CM: 2
TB: 0

0617

ルリシジミ♀の吸水  

どもっ!夢庵です。

日曜日、ルリシジミ♀が産卵に訪れた事を書きました。
その後も庭でゴソゴソしながらルリシジミを見ていました。


今年はやたらとルリシジミが多く庭を飛んでいます。クララ・今回のハギの仲間、コマツナギ。この付近に多くの♀が飛んでいます。

しかもこの♀。撮影できていませんが、翅表が綺麗なんです。飛んでいる時でも表の黒と青が見え隠れ。普通種ですが目で追ってしまいます。



夕方前に少し庭に水を撒いたんですが、できた湿地に飛んできて吸水を始めました。




ルリシジミ♀吸水



スマホをかなり近づけて撮影しましたが夢中に吸水していたのか全く逃げることなくモデルとなってくれました。

何枚も撮影しましたが、この画像に決めました。吸ってるところ!ちゃんとうつってるでしょ!!!何か「今でしょ!」みたいになりましたが(笑)

ブログを始めてから撮影するようになりましたが難しいですね。しかもスマホでの撮影となると・・・・。

高級な高性能カメラに対抗する気はさらさらありませんが、欲が出て来るものです。
ピンボケ画像がメインの当ブログですが、どうか今後もお付き合いくださいませ。


ルリシジミ♀の吸水。じっとしばらく眺めてしまいました。


では、夢庵でした!

Posted on 2013/06/17 Mon. 23:57 [edit]

CM: 2
TB: 0

0617

ようやく・・・やっと・・・  

どもっ!夢庵です。


お送りいただいていたカバイロシジミ越冬蛹。5月に1♂羽化。が、やはりダラダラ羽化は本当の様でその後羽化はナシ・・・(^_^;)
♀の羽化を期待していた夢庵が浅はかでしたね・・・(^_^;)


そうこうしているうちに各種交配・飼育と忙しくなり・・・。先行羽化した♂も天国へ・・・。

そんな折、昨日16日、突如、カバイロシジミが羽化していました。ようやく・・・やっと・・・2頭目です(^_^;)



カバイロシジミ♂
fc2_2013-06-17_22-08-09-326.jpg



庭に植えたクサフジは順調とは言えませんが生育しています。が、蕾もまだ見受けられませんので♀が羽化して交配してもエサに困りますね・・・。

頼りにしていたビロードクサフジ(ベリーリッチ?)も田植え前に土の中へ・・・。剥き込まれてしまいました。
ツルフジバカマもありますが、蕾も花もありません。

が、この♂羽化を皮切りに一斉に羽化するとも思えません・・・。
餌も不安・・・♂♀タイミングよく揃うかも微妙・・・


何と思い通りにいかない蝶なんでしょうか!?このダラダラ羽化も種の保存にとって決して有利とは思えないのは夢庵だけでしょうか!?

何のためにダラダラ羽化するのでしょうかね・・・。
餌との兼ね合いやリスクを分散させるためだとは思いますが、♂♀が出会えなければ何にも起こりませんからね・・・。

本当に自然ってやつは複雑で困ります。


とはいえ、せっかくの機会ですので交配したいと思っています。残り8蛹。♂♀揃え!!!と願っています。


交配に成功したら「クサフジヘルプ!!!」書きますのでご協力をお願いいたします。



しかし、このダラダラ羽化・・・。納得できませんね・・・(^_^;)


夢庵でした!




Posted on 2013/06/17 Mon. 22:45 [edit]

CM: 2
TB: 0

0617

ハラビロトンボ!?  

どもっ!夢庵です。

今日、会社の事務所にトンボが入ってきました。
事務所に方が夢庵を呼びに来てくれました。

小型で腹が薄く横広。

「ハラビロトンボ」で早速検索。


ハラビロトンボ!?



検索した画像と見比べるとどうやらハラビロトンボで正解のようですが・・・

いかがでしょうか?


では、夢庵でした!

Posted on 2013/06/17 Mon. 15:15 [edit]

CM: 2
TB: 0

旬の花時計

カレンダー

FC2カウンター

ポチっと!夢庵を応援!

ポチっと!夢庵を応援!

ポチっと!夢庵を応援!

ぐ~ば~

最新記事

全記事表示リンク

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

募集中です!

QRコード

日本の美しい蝶

ウスバシロチョウ

春の女神

シロオビアゲハ

シロオビアゲハ♀(赤紋型)

ナガサキアゲハ(有尾型♀)

ツマベニチョウ

クモマツマキチョウ

ツマグロキチョウ秋型

アオタテハモドキ

ルリタテハ

オオムラサキ(スギタニ型♂)

ヒメアカタテハ

イシガケチョウ

リュウキュウムラサキ

アイノミドリシジミ♀

キリシマミドリシジミ♀

ウラナミアカシジミ

ウラゴマダラシジミ

ジョウザンシジミ

▲Page top