〜 自 然 彩 々 〜

へっぽこ飼育屋の飼育記です。お好きな方、ごゆるりと、、、ご訪問くださいませ~m(__)m

0613

シロオビアゲハ蛹  

どもっ!夢庵です。

えー、オナガ・クロ・モンキなどと交配すべくシロオビアゲハの飼育を。
波照間島のものだったんですが、先日も書いたように石垣島産の母蝶もいただいて採卵→飼育なう。

波照間産のものは多くが蛹となりました。


波照間産シロオビアゲハ蛹
波照間島シロオビアゲハ蛹2017


こちらも赤紋型からの子。
石垣島産も赤紋型から採卵。

石垣島産はまだ幼虫で、両産地のもの。タイミングが合えば雑交配に使おうと思います。
飼育中の兵庫県産オナガアゲハやモンキアゲハ。四国産のモンキアゲハも卵を戴いて飼育中です。
クロアゲハは別途、記事を書こうかな?兵庫県産2重紋モドキメス(八重山産に比べるとしょぼい・・・)を確保して採卵しました。現在、2齢幼虫です。

シロオビアゲハを使った雑交配を再度したかったので今年こそタイミングを見計らって各種と交配しようと思います。

上手くいけばまた記事書いてみます。

今日はねます・・・(´ぅω・`)ネムイ


夢庵でした。
スポンサーサイト

Posted on 2017/06/13 Tue. 23:57 [edit]

CM: 0
TB: 0

0613

有尾ナガサキも続々蛹化  

どもっ!夢庵です。


飼育していた有尾ナガサキ。すべて蛹になりました。

ナガサキアゲハはよく食らうので・・・。累代できる程度、少量飼育がいいですね( ゚Д゚)

昨年もあったかい方のナガサキ飼育しましたが。。。交配して産卵してる母蝶・・・圧迫しづらいものです・・・・。
結局、柑橘類が大量に必要となり・・・。睡眠不足と・・・。

何年たっても復習できませぬ・・・( ;∀;)


有尾ナガサキアゲハ蛹
奄美産有尾ナガサキ蛹2017


良いものが出れば累代しようと思いますが・・・。

飼育したい方がおられれば、ペアが揃えば交配しておきます。

羽化してないので、どーなるかわかりませんが・・・。

といいつつ、交配するんだろうな・・・・・( ;∀;)

ま、冬期のさみしいときに向けて累代しても!と思います。


夢庵でした。

Posted on 2017/06/13 Tue. 23:45 [edit]

CM: 1
TB: 0

0613

庭のモンキチョウ!(^^)!  

どもっ!夢庵です。

えー、仕事を終えて鉢植えの食草に水やりが日課となっています。。。
これがまた結構な作業で。。。

飼育をされている方はお分かりいただけると思います( ;∀;)

そんな中、育てているナヨクサフジの種子を集めておこう!と熟している種子を物色。
すると、綺麗なモンキチョウが!!


羽化後間もない?きれいなモンキチョウ
羽化後間もない?モンキチョウ


羽化後間もないモンキチョウ(白色型)2017ー06-13

数日前に、蛹殻を見つけていたのでここで発生しているようです。

ピンクの縁取りがきれいでしょ!?


と、ナヨクサフジ。
昨年秋に種まきしたんですが、これはいいです!
成長旺盛で花期も長く、ブルー系のシジミやヒメシロ系に使えるのでは?と。クサフジやツルフジバカマも育てていますが、、、数倍の成長です。恐るべし・・・。


ナヨクサフジ
ナヨクサフジ花2017


4月頃?だったかな??蕾を付け出し今でも多数の花や蕾をつけています。

少しですが、、、カバイロ蛹を持っていたんですが、、、いまだ羽化せず・・・・・・・・・(>_<)

2年草とのことですので集めた種子は畑にばら撒く予定です。


こぼれ種もあるでしょうから、これらを食らう種のために・・・。育てておこうと思います。

てか、カバイロや~~~~~~い、羽化しないのか~~~~~~~~~~い( ;∀;)

夢庵でした。

Posted on 2017/06/13 Tue. 22:57 [edit]

CM: 0
TB: 0

旬の花時計

カレンダー

FC2カウンター

ポチっと!夢庵を応援!

ポチっと!夢庵を応援!

ポチっと!夢庵を応援!

ぐ~ば~

最新記事

全記事表示リンク

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

募集中です!

QRコード

日本の美しい蝶

ウスバシロチョウ

春の女神

シロオビアゲハ

シロオビアゲハ♀(赤紋型)

ナガサキアゲハ(有尾型♀)

ツマベニチョウ

クモマツマキチョウ

ツマグロキチョウ秋型

アオタテハモドキ

ルリタテハ

オオムラサキ(スギタニ型♂)

ヒメアカタテハ

イシガケチョウ

リュウキュウムラサキ

アイノミドリシジミ♀

キリシマミドリシジミ♀

ウラナミアカシジミ

ウラゴマダラシジミ

ジョウザンシジミ

▲Page top