〜 自 然 彩 々 〜

へっぽこ飼育屋の飼育記です。お好きな方、ごゆるりと、、、ご訪問くださいませ~m(__)m

1006

ムシャクロツバメシジミ、、、ガッツリ採卵してみます!  

どもっ!夢庵です。

えーー、先日も記事に書きましたが累代中のムシャクロツ。
次世代への交配は確認済み。

が、いつもは室内ほっちっち累代だったんですが、お世話になっている方々へお送りするためガッツリ採卵モードです。

数十ペアを大型の吹流しに回収。中にマンネングサ類を。普段は観察できませんが勝手に交尾して産卵してくれるはず・・・。

回収したことが吉と出るか凶と出るか・・・。

とにかくたくさん効率よく卵数を稼ぎたいので限られた空間での採卵としてみました。


ムシャクロツ卵
ムシャクロツ卵2016秋②



ムシャクロツ卵2016秋


とにかく小さにので確認が困難・・・(^^;
虫眼鏡片手に捜索です(笑)

まだ少ないようですが産卵は確認できました。

また、保険もかけていくつかは室内放置で。

卵は白いので確認できますが、、、孵化幼虫になると・・・・・お蔵入りの事件と一緒で・・・・。
途方にくれます。。。

結果、大きくなった終齢や蛹をお送りする羽目に・・・・。


卵の間に勘定しながら小分けして発送を!!!と思いますが。。。


とにかく、、、できるだけ多くの卵を確保しようともくろんでおります!

発送までにお時間を頂くかと思いますが・・・・気長にお待ちいただけると幸いです・・・・・・


夢庵でした。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2016/10/06 Thu. 22:12 [edit]

CM: 2
TB: 0

« とんだ3連休・・・・((+_+))とハチジョウカラス越冬蛹・・・  |  クロマダラソテツシジミ!! »

コメント

ムシャクロツバメシジミ

夢庵様 
はじめまして。名古屋市近郊在住の虫屋です。
ムシャクロツツバメの飼育と採卵の記事拝読させて頂きました。

ご存知のように本種は外来種で、一昨年の大掛かりな駆除作業の甲斐無く現在では定着、分布域の拡大傾向が見られています。
近縁の在来クロツはじめ地域の生態系に与える影響は全く予測が不可能です。

貴兄自身が責任を持って管理飼育されることには何ら問題が有りませんが(飼育材の廃棄処分だけはくれぐれも注意して下さい)、他の方に配布されておられるご様子に少なからぬ危機感を感じています。
特定の知人であれば管理責任(放チョウをしない)を託すこともできますが、不特定の方に配布されて、その先の管理責任をどう取られるのでしょうか。
一度野外で定着したものを絶滅させることがいかに困難なことか、ご理解の上、多数の方に配布される行為を慎んで頂ければ幸いかと思います。

蟹江 昇 #- | URL | 2016/11/21 12:52 * edit *

Re: ムシャクロツバメシジミ

蟹江様


初めまして。夢庵こと市村健太郎と申します。

この度はこめんといただきありがとうございます。

ムシャクロツ配布の件ですがご安心くださいませ。材料をお送りしているのは飼育の達人と呼ばれる先輩方ばかりです。
むやみに放蝶などされるような先輩方ではございません。

不特定多数の方々にお送りしておりませんのでご安心くださいませ。

また、ご心配をおかけするような記事になっていたことを深く反省しお詫び申し上げますm(__)m

種によって特に厳重に管理しておりますのでご安心いただければと思います。
一応、若造ですが自称飼育屋です。ご安心くださいませ。


今後ともよろしくお願い申し上げます。


市村

夢 庵 #- | URL | 2016/11/21 18:38 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://yumean3160824.blog.fc2.com/tb.php/1541-4f4a7831
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

旬の花時計

カレンダー

FC2カウンター

ポチっと!夢庵を応援!

ポチっと!夢庵を応援!

ポチっと!夢庵を応援!

ぐ~ば~

最新記事

全記事表示リンク

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

募集中です!

QRコード

日本の美しい蝶

ウスバシロチョウ

春の女神

シロオビアゲハ

シロオビアゲハ♀(赤紋型)

ナガサキアゲハ(有尾型♀)

ツマベニチョウ

クモマツマキチョウ

ツマグロキチョウ秋型

アオタテハモドキ

ルリタテハ

オオムラサキ(スギタニ型♂)

ヒメアカタテハ

イシガケチョウ

リュウキュウムラサキ

アイノミドリシジミ♀

キリシマミドリシジミ♀

ウラナミアカシジミ

ウラゴマダラシジミ

ジョウザンシジミ

▲Page top